MENU

印刷用紙の種類とサイズ

ノベルティ

部数が多いほどお得な印刷用紙

特定の地域で効果的な宣伝をしたい場合に有効的なのは、新聞に挟まれている折り込みチラシやポスティングなどが挙げられます。そしてその広告チラシを作るのがチラシ印刷になりますが、予算や用途に合わせたチラシを短期間で大量に印刷できるため、企業やお店のサービス・商品をより効果的に宣伝することが可能です。使用される用紙には主にコート紙やマット紙が選ばれていて、コート紙は写真にも使える上質なタイプでマット紙は光沢が抑えられているので落ち着いた雰囲気となっています。またその他にもコピー用紙に似ている上質紙や新聞紙に似ている更紙も価格が安くておすすめです。チラシ印刷は当然のことながらサイズが大きいほど料金も高くなりますが、さほど大きな差はありません。しかし部数に関しては多いほど料金はお得になります。例えば100部で1万円だとしても500部で12000円、1000部で14000円となるので、多めに注文した方が断然コスパが良いということになります。広告は期間を限定されるものが多いので、余っても使い道が無いという側面もありますが、少々多めに作っておいた方が無難です。注文方法はネットでチラシ印刷業者のサイトから申し込むのが一般的です。いつでも見積もり依頼が出せますし、注文から配達までも迅速なので非常に便利です。印刷データは完成品をチラシ印刷業者へと入稿しますが、業者側でも不備が無いかチェックしてくれます。ただし、勝手に修正などはしないので、その場合は修正を求められますし、その分納期も遅れることになります。