MENU

質感を重視しよう

印刷機

使われる紙の種類

チラシ印刷をネットから申し込む際はまず希望のプランを選びます。紙質・納期・枚数などによってプランが分かれています。料金体系も掲載されており見積もりも簡単にできます。あとは印刷方法も選びましょう。そして、チラシ印刷で大きく影響してくる点が紙質です。紙は質感の違うものが何種類もあるので最初は悩むかもしれません。用途やデザインで紙質を選べばより良いチラシ印刷ができるでしょう。一番よくつかわれるのが普通紙です。普通紙は身近にあるコピー紙やノートなどに使用されています。表面はザラザラしていて特別な加工されていません。鉛筆などで書き込むことが可能なので書くことを前提としたアンケート用紙などに最適です。別名上質紙とも呼ばれています。チラシでよく見るのは光沢紙となります。行面に特殊な薬品を塗っているのでツルツルとした質感で光沢があります。コート紙とも呼ばれファッション雑誌にもよく使われています。発色が鮮明なので写真や配色が多いカラーのチラシ光沢紙がおすすめです。光沢紙や普通紙とも違うサラサラとした紙がマット紙です。光沢紙のようなツヤはなく、発色はくすんでいるのが特徴です。くすんだ発色だとかえって文字は読みやすくなります。チラシに落ち着いた印象をもたせたい時に適した紙質です。このようにチラシ印刷の紙は豊富に選択肢があります。特徴を理解してチラシ作りに役に立ててください。どんなものか知りたい場合は業者に頼んでサンプルを取り寄せるといいでしょう。